ネスラックに乗せられる重量は?倉庫で使える便利なネスラック

ネスラックに乗せられる重量はどれぐらいですか?

倉庫などで資材などを保管する際に使用される保管ラックとして「ネスラック」があります。

倉庫内には当たり前のように置かれているものなので普段は注目されにくいこのネスラックですが、縁の下の力持ちとして物流を支えているアイテムでもあります。

倉庫で打ち合わせをする2人の男女

ネスラックにはどんなものでも乗せられる?

ネスラックは効率的に保管や管理を行なうことを目的として開発された保管ラックでもあるため、さまざまなものを乗せることが可能です。

倉庫で使用されることになるので基本的には大きめのダンボールや資材などが積み上げられることになりますが、どのような積み荷にも対応できるようなシンプルなデザインになっています。

ネスラック自体にも大きさや形状の違うタイプのものが販売されており、倉庫の広さや積み荷によって適切なものを選ぶことができるほか、移動が簡単にできるネスラックもあるので、管理するものの多さや出し入れの頻度などに合わせて倉庫内のレイアウトを自由に変更することもできます。

また使わないネスラックに関しては、まとめて収納しやすいように設計されているものもあるので、場所をとらずに保管することも可能です。

ネスラックに乗せることのできる重量は?

ひとつのネスラックに乗せることのできる重量は決められており、基本的にはネスラックひとつにつき1000kgまでの重量に耐えられるような設計になっています。

この耐荷重の上限はネスラックの形状や大きさによっても違いがあり、サイズの大きいものや面積の広いものはそのぶん耐えられる重さが少なくなる場合もあります。

ネスラックの特徴のひとつとして組み合わせて使うことができるという点があり、2段3段とネスラック同士を組み合わせることで、より多くの資材を場所をとることなく効率的に保管することが可能となっています。

パレットと併用することでフォークリフトでの積み下ろしも簡単に行なうことができるため、倉庫管理をスムーズに行なうこともできます。

タイトルとURLをコピーしました